資産の運用先はもう銀行ではいけない?

バブルがはじける前の日本は景気が良い時代でした。

日本の企業のつくる製品は最高ともてはやされ、貿易も黒字で、サラリーマンもボーナスをたくさんもらっていた時代があったのです。

でも、バブルが崩壊して以降の日本は、お世辞にも景気が良いとは言えません。

ボーナスカットはもちろん、サービス残業も当たり前。

それどころか、一生懸命に企業に尽くしてきたのに、リストラされることすらあります。

現在も、安定してボーナスがもらえているのは公務員くらいではないでしょうか。

不景気といえば、銀行もそうですよね。

景気の良いころの銀行は、お金を預ければたくさん利息がつきました。

定期預金にして長く預けていれば、それに見合う分の利息がもらえましたので、私も子どもの頃はお年玉を使わずに定期預金にしておくことが楽しみだったものです。

しかしながら、今は。

定期預金にしても、あまり利息は付きません。

あまりにも金利が低いので、定期預金にするメリットがないとさえ思えます。

定期預金でさえも利息がつかないのだから、普通預金なら尚更です。

これは、私の友だちの銀行員から聞いた話ですが。

お金の運用先として、銀行に預けるのはメリットがないので、銀行は近い将来、あり方が変わるんじゃないか、と言っていました。

なお資産運用するためにお金を借りて挑戦するのもありだと思います。
お金借りる即日でスピード融資を受けて資産を一時的に増やして勝負するのは私は価値のあることだと考えています。

現在、資産の運用先は、銀行からほかの場所へと大きく移り変わりつつあるのです。

大きなリスクをかけることは望ましくはないのですが、最近は、株や投資信託、Fxなどを資産の運用先の一つとして目を向けてみるのも悪くないのではないかと思っています。

 

ボージョレーヌーボーの人気が下火に

毎年この時期になると、
「ボージョレーヌーボー解禁」のニュースが飛び交いますが、
今年はあまり盛り上がっていないようです。

ボージョレーヌーボーの特徴と言えば、誰よりも早く飲むというのが一般的でいち早く手に入れて飲むというところにプレミアム性があった訳ですが、今はそうやって誰よりも自分が…という時代では無くなってきている現れなのかもしれませんね。

でも、ボージョレーヌーボーと言えばバブル期に絶大な人気を博し、好景気の今ならまた人気が再燃しそうなものですが世の中の流れというのは本当に分からないものです。

コンテンツを長続きさせるには「流行らせない」というのも一つの方法なのかもしれません。

流行りはいずれ廃れるというのはどのジャンルにおいても言えることなのかもしれませんね。それに、最新情報がどんどん手に入る今の時代、テレビなどで報道されていることを追うこと自体がトレンドではないのかもしれません。

今は流行りを自分から発信出来る時代とも言えますからね。

私がまだ小学生か中学生だった頃に、少年ジャンプの今でも連載が続いている「こち亀」という漫画でボージョレーヌーボーのことが取り上げられていて、大人になったらいつか誰よりも早く飲むぞ!と思っていましたが、結局ワインが好きになれず、更にはボージョレーヌーボー自体の人気も下火になって、結局そんな日は来ませんでした…。

今どき誰よりもボージョレーヌーボーを早く飲んだところで何の自慢にもなりませんね。

こうやってまた一つの時代が終わり、
そしてまた新しい時代が始まっていくのだと思います。

ワールドカップついに開幕!!

ついに2014年ブラジルワールドカップがはじまりましたね!
日本時間の午前3時に開会式のセレモニーがあり、
その後に開催国であるブラジルとクロアチアの試合が行われました。

2006年から開幕カードは開催国の試合が行われるということで、
今年は開催国が開幕カードに出る試合は3回目になりますね!

私も様子を見ていたのですが、
開催国の開幕カードということと、しかも優勝候補筆頭のブラジルということでものすごい重圧があったと思います。おそらく正解中のほとんどの人がブラジルのエースであるネイマールのゴールを見たかったと思うのですが、見事その期待に応えてくれましたね!

あともう一点でハットトリックだったのですが、
試合終了間際に交代してしまいました。

クロアチアも全然弱い相手ではなかったのですが、さすがにブラジルの方一枚上手でしたね。

気付けば3-1で、しかもクロアチアの1点はブラジルのオウンゴールだったので実質得点はしていないんですよね。やっぱりブラジルはすごい!

あと、この試合でもう一つ大きなニュースになっているのが、
今回の開幕試合としては始めて日本人の審判団がジャッジを行うことになったのですが、
その審判団を批判する動きが敗退したクロアチアで大きく報じられているそうですね。

これも審判が批判されるのはワールドカップの付き物ですし、
まぁ、負け犬の遠吠えと言ったところでしょう。

我々日本人としては日本代表の試合もそうですが、
こうした日本人の審判団が開幕試合の笛を吹くということに誇りを感じますよね。

PKのジャッジを下したのが日本人で、
そのPKをネイマールが蹴ることになり、
それを世界中かかたずをのんでみたんですから、
それを作り出した審判はすごいです。

これから約一か月間ワールドカップは続きます!
しばらく寝れない日々が続きそうですね…。

借入の季節

長い年末年始の休みを終え、消費税増税前の駆け込み需要で散財したひとが非常に多いようですね。

しかし、まだ夏のボーナスまで時間がある。
この時期は誰もがお金がなくなってきて苦しんできている時期です。
つまり銀行やら消費者金融でお金を借りる人が多くなってきている借入の季節だといえます。

4月と5月のゴールデンウィークが終わるまではお金を借りる人が非常に多くなるそうです。
今年は特に多くなりそうですね。

アベノミクスで恩恵を受けて懐があったかくなっている人は大企業に属している人などまだわずかだというのが私の感触です。

多くの人がお金が無いのにお金を使っているという状況に陥っているんですね。
お金が無いのなら必然的にお金を借りるしかないのですが、それを見越して金融業者の宣伝が非常に目につくようになっているのも興味深いものです。

まぁ夏のボーナスである程度まとまったお金が入ることが予想できる方はつなぎとして借入することは極めて合理的な判断だと思います。

金融業者サイドとしても一人でも多くの客を取り込もうと無利息キャンペーンなどを大々的にやっているので借入するチャンスでもありますね。

とはいえ金融業者もピンキリです。
優良業者もあれば違法すれすれの消費者金融もあります。

なのでお金を借りる時は安心できる大手の優良業者から借金することをおすすめします。
どこがおすすめなのかは低金利カードローンというサイトで紹介されていたので参考にしてみると良いでしょう。

ご覧になればわかることですが紹介されているどの業者も非常に有名で誰しもがしっているところです。ただその中でもどのような人にとってお得なのかがわかるので一読の価値はあると思いますよ。

4月はまだはじまったばかり、夏のボーナスまで金銭的に大変になりそうだという方は予めカードローンを作っておくのも良いかもしれませんね。

消費者金融などでは即日融資などを実行している業者も多くありますが、こういった対策は早目にやっておくのが一番です。

もうお金が無くてカツカツの時になってやっと借入の決断をするのでは、遅いと思います。
もちろん限界ギリギリまで安易に借金に手を出さないという考えは尊敬に値しますが。

最近では昔のように利息制限法を超えたグレーゾーン金利で貸し出しをする業者もなくなっているので(※違法な業者は除く)、かなり安心・安全にカードローンなりキャッシングをすることが出来ると思います。

一度カードローンを作ってしまえば、その金融業者が提携しているATMで決められた限度額まで自由に引き落とし及び返済をすることが出来るので備えあれば憂いなしという事で一枚は持っていても損することはないでしょうね。

使わなくてもいざお金が必要な時にキャッシング出来るという安心感があることは非常に心強く感じるはずです。

今は借入の季節。上手に借金と向きあって快適な生活を送るようにしてくださいね。

キャイ~ン天野の資産が8億の件

先日、キャイ~ンの天野くんが結婚しましたね。
その中で結婚というワードよりも注目を浴びていたのが
資産8億というワード。

資産8億ってものすごい金額ですよね。

年間1億使っても8年、
5000万なら16年、
2500万なら32年安泰です。

ちなみに年間2500万て、
月に換算すると208万3000円です。

一ヵ月が30日なら一日約7万円使うことが出来るんですよ。
その生活が32年も保障されている。
それが8億円です。

すごい…。

天野くんで8億円ってことは、
芸能人って相当な高給取りがわんさかいますね。

でも、天野くんが他の芸人と違う点は、
彼は賃貸マンションを貸したりして投資をしていたということですよね。
だから毎月安定した収入がある。

なんか、このエピソードは「ちきしょー!」で有名な小梅太夫もそうだったような。
彼は典型的な一発芸人でしたが5000万円ほどのマンションを買い
賃貸収入だけで月30万くらいあるみたいな番組を見たことがあります。

実際、芸人がブレイクした時の収入ってすごいものがありますから、
その時にこういった堅実な運用をしていれば芸人っていうのも
実はすごく夢がある職業なのかもしれませんね。

売れ続けなきゃいけない、一発屋は駄目みたいな風潮がありますが、
そんなことはないってことですよね。

ムーディー勝山のブレイク時と落ちぶれ後の生活の差が一時期話題になってましたが、
彼はそういうことをせずに遊びまくってしまったんでしょうね。

芸人はそういう人が大半なんでしょうけど、
この先どうなるか分からない職業でパーっと使えてしまうのはある意味すごいですよね。
だからこそ芸人になれるんでしょうけどね。

人生とは難しいですね…。

そういう意味で天野くんは本当すごいと思いますね。
売れ続けて堅実なんですからね。
でも堅実なのに結婚が遅かったのはなんででしょうね。

そこだけが謎なんですよね…。